バーコード

お問い合わせ

バーコード、RFID、2次元コードのトータルソリューション

新盛ソリューションズ
株式会社

〒113-0034
東京都文京区湯島3-24-13
東京家具会館ビル 8F

. 03-5818-7861

TOPバーコード基礎知識

基礎知識

バーコードとは

 バーコード(一次元シンボル)とは『幅が変化する平行かつ長方形のバーまたはスペースの配列によって情報をコード化したもの』とされています。 これを光学的に読み取る認識装置がバーコードスキャナであり、自動認識技術の一つとして利用されています。

バーコードの構成

 バーコードは次の組み合わせで構成されます。

名称 説明

 クワイエットゾーン

 バーコードの前後の余白部分(マージン)

 スタートキャラクタ

 バーコード部の始まりを表す部分

 データキャラクタ

 実際のデータを表す部分

 チェックデジット

 データの正確性を保つために計算式に基づき算出、付加されたデータ

 ストップキャラクタ

 バーコード部の終わりを表す部分

イメージ図

バーコードの分類

 バーコードはシンボル化の仕組みにより次のように分類されます。


キャラクタ間ギャップ(スペース)有無による分類

シンボル名称 構成

 独立型

 キャラクタがキャラクタ間ギャップで区切られているシンボル

 連続型

 キャラクタがキャラクタ間ギャップで区切られていないシンボル


バー(スペース)幅の種類による分類

シンボル名称 構成 特徴

 2値レベル型

 細太の2種類のバー又はスペースで構成

 バーコードシンボルの解読が容易

 マルチレベル型

 数種類の太さのバー又はスペースで構成

 シンボル全体の幅が狭い

バーコードの特徴

高い信頼性

 バーコードは、バーをどこでも横切るようにスキャン(読取り)さえすれば読み取ることができます。バーの高さを約10mm以上推奨しているのは、 この操作性を重視するばかりではなく、バーのどこかに傷や汚れがあった場合、そこを避けてスキャンすれば読み取れるからです。 この冗長性とシンプルな仕組みがバーコードの高い読取率と信頼性を創出しています。


豊富な読取方式と高い操作性

 バーコードは、レーザー光やLED光を使用して光学的に読み取るので、接触でも遠隔でも運用に応じた方式で読み取ることができます。
レーザー式は、数メートルまでの遠隔読取やPOSで見られる多方向自動読取ができます。CCD式は、バーコードにタッチするだけで読み取りできます。 CCD素子を縦に5素子ほど並べたリニアイメージャー方式は、シンボルの傷や汚れに強く、レーザーの様な遠隔読取も可能です。
 またペン式は、小型で軽くバーコードをなぞるだけで読み取りできます。
イメージャー方式は、二次元シンボルも読み取り可能で、シンボルの方向に関係なく読み取りでき、文字認識やイメージ取得にも利用できます。 バーコードリーダーは、様々な方式や運用に合わせた形状・機能があり、価格も様々です。


安価なメディア

 バーコードは紙をメディアにしているので、メディアの作成が容易でしかも安価です。固定情報のパッケージ印刷などのソースマーキングでは、 印刷するためのコストアップはほとんどありません。また、固定情報や可変情報のバーコード印字はバーコードプリンタで作成でき、安価な コストでリアルタイム発行ができます。バーコードプリンタであれば利用する用途に応じて、厳しい環境で使用されるバーコードメディアの 印字も可能となり、あらゆる業界・用途で活用されています。

二次元コードとは

 水平方向と垂直方向に情報を持つことで約2,000バイト前後のデータ容量を持ったバーコードです。 従来の一次元シンボルに比べて小スペースで大容量の情報を持たせることが可能となります。

TOPバーコード基礎知識